iZotope RX 7 のインストール手順

#StayHome応援キャンペーンを様々なDTMソフトメーカーが実施し、壮絶な値引き合戦が展開されているのが、その中で特に気になった iZotope RX 7(日本語公式ページ)。
一番安いバージョンだと1,000円で買えるらしい。
Twitter上にRX 7を使用したボーカル音源のノイズ除去動画(以下の埋め込み参照)が投稿されているのを見て、心惹かれて買ってしまった。最近じゃそんなに歌わないのに。

実際に行った、iZotope RX 7 購入からインストールまでの手順を以下に書いていく。
なお、私の使用DAWはAbleton Live 10だが、導入までの手順はどのDAWを使用しても同じなので、参考になれば幸い。

Ads

1. どこで1,000円で買える?

今回私が購入したのはRX 7 Elements。一番安いバージョン。ケチなので。
この動画を見たら、私程度のショボい宅録初心者だったらElementsの機能で十分だろうなと思った(効果が分かりやすい3:28からの再生設定にしてる)。

購入の決め手になった「RX 7 Elementsを1,000円を購入した」っていうツイートをもとに、公式サイトやMinetを探してみたが、そこまで安くなっていなかったので、もうキャンペーン終わったのかな…と諦めていたところサウンドハウスで1,000円で売られてた(2020年5月17日現在)ので、即購入した。さすがサウンドハウス。

深夜0時過ぎに注文して寝て起きて出勤して帰った頃に佐川急便が届けてくれた。即日配達。Amazonより早いから凄い。さすがサウンドハウス。どうやってんのそれ。

かっこいい招待状みたいな封筒が入っており、

中にシリアルナンバーシートが一枚入ってる。


2. インストール手順

シートを読むと、「ダウンロードやインストール方法はiZotopeのマニュアルをダウンロードするように」とのことなので、http://dl.minet.jp/IZTALからZIPをダウンロード(※リンクをクリックするとiZotopeJapaneseManuals.zipのダウンロードが開始されます)。
ZIPを開くと色んなPDFの入ったフォルダが開くので、「iZotope Install Guide.pdf」を開く。

(引用元:iZotope Install Guide.pdf)

まずはサポートを受けるための製品登録をするように、とのことなので、http://www.minet.jp/registration/に飛び、画面中段くらいにある「メディア・インテグレーションサポート 製品登録フォーム」から商品情報を入力していく。

フォームの表示がデカすぎて逆にしばらく気付かなかった…

以下のような入力フォームが表示されるので、シリアルナンバーシートに書かれているままに入力。
なお、シートを見るとシリアルナンバーが2段になっているが、これは上段がRX 7用のナンバーで、下段がPhoenixVerb用のナンバーなので、連続して入力しないように注意。

入力に不備がなければ完了。後ほど確認メールが届くようだが、メールは待たずにインストールはそのまま続ける。

ここからRX 7の実際のインストールを行う。
iZotope製品のインストールにはPortalというアプリが必要みたいなので、https://support.izotope.com/hc/en-us/articles/360025586834-Welcome-to-iZotope-Product-Portalにアクセス。

オレンジのボタンを押してダウンロード。

ダウンロードしたファイルを実行すると以下のような画面が表示されるので、アイコンをクリックしてセットアップを行う。AgreeしてNextしていこう。

セットアップ完了後、アプリが起動する。
新しい製品を追加するために、右上のバーコードをクリックし、シリアルナンバーを入力してSUBMIT。

RX 7が商品一覧に追加されるので、INSTALLをクリック。

インストールタイプを選ぶよう言われるが、クイックでOK。

インストールが開始され、

100%になるとセットアップが自動で始まり、

セットアップが完了すると、Portal上でINSTALLEDと表示されるので、これでRX 7のインストール完了。

Ads


3. 動作確認

実際にDAWを起動して確認してみよう。
Ableton Liveの場合、カテゴリ「プラグイン」>「Audio Units」>iZotopeを開くと、RX 7 Elementsの4機能分が追加されているので、適当なトラックに入れて立ち上げてみる。

問題なく起動したら無事インストール完了。

iZotope RX 7の詳しい機能の使い方は、Sleep Freaksさんを頼りにしよう。

StayHomeキャンペーンに乗じて、ギターペダルを海外通販した話も書いてるので、興味ある方は併せて読んでみて欲しい。
Z.VEX Effectsから直接エフェクターを買おう

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です