無印良品 インド綿二重編みビッグTシャツ を159cmの男が着た

半袖の季節がやってきた。

Tシャツ大好きおじさんとして、今シーズン早々に最良の1枚(買ったのは2枚)を入手できて嬉しい限り。

Ads

タイトルにある、無印良品の インド綿二重編みビッグTシャツ のことだ(商品ページ)。

昨年も無印では二重生地のビッグシルエットTシャツが発売され、気に入って3枚ほど持っているが、どうにも生地の厚みのため夏場は暑かった。

今回のビッグTシャツでは、軽さは有りつつ安っぽさは無い生地が実現されており、かつリーズナブル(4月8日より消費税込3,990円→消費税込み1,490円に価格改定された)という、お値段高めの続く最近にしては珍しく無印良品らしい商品となっており、これはと思い、買ってみた。

今回購入したのは、サイズXXS〜XSのミディアムグレーと黒2色。
男女兼用商品のためこのようなサイズ表記となっており、同サイズの着丈が67cmなのに対して、もう一つ上のS〜Mサイズだと着丈71cmと、だいぶ開きがある。
私は身長159.4cm、体重53kgの29歳男性。

まずは黒から。

実際に着てみると袖の長さが体感される。
肘のちょうど曲がる部分まで覆われる。着丈はお尻の半分くらいまで隠れ、丁度いい。
また、写真では分かりづらいかもしれないが、首周りがかなり絞られている。洗濯次第でどうなるか分からないが、MUJIのTシャツはすぐ首が広がるという認識だったので、これは嬉しい。締まって見えるよね。

続いてミディアムグレー。

Ads

こちらの方がより袖の長さが分かり易いか。

参考までに先日購入したUNIQLO UのクルーネックT(半袖)の着用図も改めて撮ってみた。
ビッグシルエットよりオーソドックスなスタイルが好みという方は、こちらの方が良いかもしれない。

並べてみるとこんな感じ。
無印良品の袖の長さと、UNIQLOのほんのちょっとの着丈の長さが伝わるだろうか。

これからどんどん暑くなっていくことを考えると、ビッグTシャツの方が生地の薄さとゆとり感でやや優勢か。
1,490円でカラバリも多いので数枚買っておくときっと重宝するだろう。私ももう2枚くらい欲しい。安いので。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です