Mustang ピックガードを交換した

Fender Mustangを使っているが、前から気になっていた点が1つだけあった。
パーロイド・ピックガード。真珠模様のピックガード。

他に持っているJaguarもMusicmaster Bassも白のピックガードなんだけど(MMは日焼け激しいけど)、このMustangだけゴージャスなピックガードなのが気に食わない。

Ads
見切れてるが見よこのギラギラ感
うーん気に食わん

もっとシンプルというかチープな見た目にしたいので、交換してやった。

私の持っている機種はFender MIJ Traditional 60’s シリーズのもので、旧Fender Japan MG65と同じものと思われる。背面にコンター加工がされていないもの。
モデルによってピックガードのネジ穴の位置が異なるため、交換する際は画像と自分のムスタングとを良く見比べてみよう。

Ads

購入したのはFender Classic 60s Mustang 12-Hole 3-Ply White Pickguardという商品。サウンドハウスで購入したが、既に販売終了になっており、楽天やAmazonでも見つからない。本当に作り終えてしまったのかしら。

そして届いて交換した姿がこちら。

イイネ
圧倒的にイイネ

変なゴージャス感が無くなってとてもかわいくなった思う。イイネ。
日焼けを再現した白ピックガードもあったけど、真っ白にして正解だったと思う。
これ標準装備にしたら良いのになーパーロイドピックガードがこの世から無くなればいいのに。

Fender純正パーツじゃなくても、パーツの型取りをしてる機種が同じものならネジの位置も大体は同じかと思う。若干は自分でネジ穴空ける必要もあるかもしれないけど。でも純正パーツもモノによってはそういう加工必要になるからね。
個人でピックガード作って売ってるところもあるけど、色んなリプレイスメントパーツ出してるMontreuxなら安心じゃなかろうか(モントルーって読むんだね)。
カスタマイズはくれぐれも自己責任で。


Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です