RZ-S50W (Panasonic) が届き嬉しい

RZ-S50Wが遂に届いた。

今年の2月にBeats Xが故障してからというもの(ちなみに2回目。しばらくはBeats製品は怖くて買えない)、2ヶ月近くずっと待った。TechnicsのEAH-AZ70Wとも迷いまくった。

Ads

この2ヶ月間、初代Airpodsで何とかしのいでいたが、音漏れすごいから小音量で聞くしかなく、しかも通勤が地下鉄なことに加え新型コロナ対策で車窓が開けられ始めたため、ほぼ何も聞こえないイヤホンを聞いているという何とも間抜けな状態で過ごしていた。

とにかく嬉しい。ようやくベッドタイムビーツプレイリスト以外が聞けるようになる。

イケメン

開封して内容物を確認。大体付いてるだろうなというものが付いてる。
USBケーブルがLightning端子のものしか無いので、付属してて助かった。これから旅行の時とかは1本ケーブル多く持ってくのか…忘れそう。

本体、ケースをAirpodsと比較

初代Airpodsとの比較をしてみる。
まずはケースから。縦に短く、横に厚くなった感じか。小さい。

続いてイヤホン本体を比較。装着方法が違うのであまり意味はないかもしれないが。

写真撮る時にS50WとAirpods持ち比べてみたら「あれ?RZ-S50Wの方が軽くね?」と思ったので計ってみると…

まあAirpodsの方が軽いんだけど、7gと聞いていたS50Wが6gだったのでちょっと嬉しい。6.9gなのかもしれないけど。

最初に充電しろと促されたので充電する。
ケースに本体を納めると光ってカイロ・レン感が出る。

エピソード9のカイロ・レンっぽい

ある程度充電できたらPanasonic Audio Connectなるアプリを入れてスマホと接続する。
このアプリによって外部音取り込みやノイズキャンセリングの効きを調整する。

装着感

ペアリングが完了したらいよいよ耳に装着する。

発売までの間、どれだけS50Wが耳に収まるのか、というより耳からはみ出るのかがずっと気になっていた。
様々なメディアで発売前レビューはされていたが、皆横顔の写真ばかりで正面からの飛び出し具合が確認できなかったのが唯一ずっと不安だった。

ボウズが装着するとこんな感じになる。

ハミ出たね。でもまぁこんなもんか。
EAH-AZ70Wだとフランケンシュタインみたいになりそう。

ちなみにRZ-S50Wを装着してこの記事を書き始めて1時間ほど経っているが、若干、耳の対輪というのかな、イヤホンのでかいとこが当たる辺りが少し痛くなってきた。慣れると良いが…。

音質

そして肝心の音。
正直2万円超えるイヤホン買ったの初めてで、DTM用のモニターヘッドホンもオーディオテクニカの安いものなので、まともなレビューはできないけど、以下の曲を聞いた感想。
感想でしかないのでs怒らないで欲しい。

D.A.N. – Chance

・歌の背後で鳴ってるシンセの音に耳がいくようになった。

slowdive – Star Roving

・クリッピング起こしてるような音が両サイドから聞こえていることに初めて気づいた。

SlipKnoT – People = Shit

・二人のギタリストが弾いている音を同時に意識して聞き分けられるようになった。
・SEも埋もれず聞こえる。

Underworld – Born Slippy (Nuxx)

・少し低音が欲しくなる。
・音が左右に広い。

まともなレビューができずお恥ずかしいが、私の感想としては、
・音が広く聞こえてしっかり各パートの音を聞き分けられるのが良い。
というところにまとまる。
なお、アンダーワールドを聞いた時にもう少し低音が欲しいと思ったので、オーディオコネクトアプリでバスエンハンサーをオンにしてみたが、ちょっとモコっとしてしまったので、イコライザーで100hzと315hzを動かして調整すると良いと思う。

ノイズキャンセリングと外音取り込み

あと初めてノイズキャンセリング機能使ってみたけど、これ凄いね。
自分の体内の音と言うのか、歯を噛み合せた音や自分の話し声が響くのが消える。これは想定外だったからびっくりした。

Airpods Proのノイキャンを一度友達に借りて試させてもらって耳の詰まるような感じが怖かったけど、RZ-S50Wはそれが無いのも良い。
ただ、今目の前でスピーカーから流してる動画の音が無音になるようなものではないので、エアポプロよりはノイズキャンセリングが弱いっていうことになるのかな。
完全無音が良いという人はそれが嫌かもしれないが、普通のノイズキャンセリングがどれほど聞くのか分からないので何とも言えない。電車で使ってみてまた感想を書きたい。
少なくとも近所で行われている工事の音はかなり低減されているので、「ノイズ」キャンセリングとしては充分効果を発揮しているのではないか。

あと外音取り込みはラジオボイスっぽさがちょっとあるけど、まあこの機能でキレイな音楽を聞くわけでも無いので問題ないと思う。

Ads

買って良かった

と思う。
あとは耳のちょいとした痛みが慣れで無くなるか、うまいハメ方を見つけられれば…これは人によって異なってくると思うので何とも言えない。
試着できる性格の人は試着してみると良い。

テクニクス欲しいけど3万超えは…という人はこれ良いと思う。
また何か気付きがあれば追記する。

<2020年4月12日追記>
外出して使用した感想を書いたので、併せて呼んでいただけると幸い。
RZ-S50Wを街の中で使ってみた

<2020年4月18日追記>

RZ-S50Wの不満点などを書いてみたので併せて読んでみて欲しい。
RZ-S50Wのココを何とかして欲しい




ちなみにAZ70Wで一部報告されている、イヤーピースを外した時にパーツが取れてしまう現象だが、私のS50Wは特に問題無かった。念の為ちょっと回してから慎重に外しはしたが。
外したとこはこんな感じ。

Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です