RZ-S50W イヤーピース をスパイラルドット++に交換した

4月に購入してからずっと使用しているRZ-S50W。
故障や初期不良にも当たることなく、大変満足しているが、一点気になることがでてきた。

イヤーピース(イヤーチップ)のフィット感である。

Ads

デフォルトで装着されているMサイズでは少し小さく、Lサイズでギュッと丁度いい感じだったのでLサイズを使ってきたが、ずっと着けたままでいると、段々緩くなってくることに気がついた。
気付いたときに捻じり入れるのを繰り返していたが、どうもなかなかストレスなので、交換してみることにした。

イヤーピースの交換で評判の良いのを探しているところで良さそうだったので、JVCが発売しているスパイラルドット++ことEP-FX10
内壁に生えているポチポチのおかげで音が良くなるらしい。ほんまかいな。

サイズはS, MS, M, ML, Lの5つで、それぞれ直径が10mm〜14mmとなっている。


RZ-S50Wのイヤーピース測ってみた

Panasonic純正のイヤーピースのサイズを調べてみたところ、どこにも公開されていなかったので、スパイラルドットの購入前に測ってみた。
何せ2,300円もするので、サイズミスは痛い。

まずはSサイズ。約11mm。

Mサイズは約12mm。

お察しの通りLサイズは約13mm。

XLサイズが約14mmであることは言わずもがな。

ということで、普段使っているLサイズと同じ13mmであるMLサイズのスパイラルドット++を購入した。2セット入っている。

嘘偽りのない13mm。


スパイラルドット++はRZ-S50Wにピッタリ!

さて、JVCのイヤーピースがRZ-S50Wにフィットするのかという不安があったが、S50W用製品かな?と思うぐらいピッタリフィットした。

Ads

純正とめちゃめちゃ形似てるなと思って並べて撮ってみたらめちゃめちゃ似てた。

使用してみたら…フィット感爆上がり

さて、では実際に使用してみて、耳から外れてくる現象はどうなったかというと、見出しでネタバレしているが非常にフィット感が向上して遮音性も上がった。
パナソニック純正のイヤーピースと触り比べると分かるが、柔らかめと言われているスパイラルドット++の傘に比べて、純正の傘は更に柔らかい。この柔らかさ故にフィット感が下がり、ふにゃふにゃと耳穴から出てきてしまうのかもしれない。
ほんのちょっとの違いだが、めちゃめちゃ安定してはまってくれて、そのおかげか遮音性も上がり、これまでちょっと気になっていた地下鉄の外音も気にならなくなった。再生音量をこれまでより2くらい下げても十分聞こえるので耳にも優しくなれるはず。
これが音質の向上なのかどうかは、インディーロックばかり聞いている私には正直分からないが、予想していた以上の成果が出て非常に満足している。洗えるし。

RZ-S50Wのイヤーピースに不満がある人は、ちょっと値段はするが試してみると良いと思う。きっと損はしないはず。
あとTechnics EAH-AZ70Wもイヤーピースをハメる部分が共通パーツらしいので、恐らく使えるはず。そちらをご利用の方もぜひ。

廉価版も出てるみたい。


Ads

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です